4/26 5月以降の車検に必要な納税証明書について!

5月イラスト①

 

今週末からいよいよゴールデン・ウィークに入りますね。

普段なかなかできないことをやろう!と

毎年思います(笑)

 

 

もちろん遠くにお出かけするとか、衣類の整理や普段できない片づけをしたり、

なかなか会えない人に連絡したりと考えるだけで楽しくなります!

あまり欲ばるとすべてを完璧にはこなせないので、

どれか選択して計画を立てるほうが真実味が湧きますね。

お天気によっても左右されますし、道路が混雑するのは必至なので、

事故のないよう皆さまもお過ごしください。

 

さて、少し早いですが、5月以降に車検を行われる予定のお客様へ、ご案内します。

ご存じの方がほとんどかと思いますが、

自動車税の県税は平成27年4月から運輸支局と静岡県のシステム連携により、

自動車税の納付確認が電子化されました。

 

これにより、車検等(継続検査及び構造等変更検査)を受けるときに必要とされていた

自動車税納税証明書の提示が省略できるようになりましたが

自動車税の未納(延滞金等も含む)がない場合と

自動車税を納付後すぐに車検を受ける方は、納税証明書の提示が必要です。

 

 

ただし、軽自動車税の場合は異なります。こちらは各市町村が管轄となりますので、

車検時に納税証明書は必ず必要となります。

 

 

車検(継続検査)の日に提出する納税証明書の有効期限は、翌年度の納期限の前日までです。

5月30日に車検を受ける場合の納税証明書は、

前年度の納税証明書が翌年度の5月30日まで有効ですので、前年度の納税証明書が使えます。

お手元にない場合は、お住まいの市役所収納課窓口にて再発行をしてください。

口座振替直後に車検を受ける場合の納税証明書は、

5月31日に軽自動車税が引き落とされたことは確認できる書類(通帳等)を

市役所窓口にご持参いただきますと再発行できます。

気をつけていただく箇所は、平成30年度分を納付された方は、領収書ではなく、

必ず軽自動車税納税証明書をご持参ください。

失くされてしまいますと市役所にて再発行していただかなければなりませんので、

くれぐれも失くさぬようお願いいたします。

 

 

                                                                                                                        サービス ながすえ